「三國志XIwithPKリプレイ」カテゴリーアーカイブ

三國志XIwithPKリプレイ

三國志XI with PK リプレイ3

LINEで送る
[`evernote` not found]

三國志XI with パワーアップキットプレイ日記

〜丁原老人 中原へ

前戦の反省を経て、再び呂布隊出陣!これに侯成、張遼隊が続く。
侯成を囮にして、弓槽と火球を敵城付近に設置。
劉備、張飛隊を弓と火攻めで混乱させ、次々に出陣してくる部隊を個別撃破!
敵城残り2000の兵の時点で、城に火を放ち、3方から突撃!
遂に陥落させた!そして劉備三兄弟を捕虜とした。
そこから武闘派軍団の本領発揮!
平原の孔チュウ、更に隣国の黄巾の残党を撃破!
孫乾の登用により、劉備三兄弟の説得に成功!
公孫サンを一国まで追い詰めた。が・・・。その時・・・。

丁原「これより、曹操討伐に向かう!」
忠勝「!」
呂布「州牧を名乗られたのはよろしいが・・・。
公孫サンを吸収してからでも遅くないのでは?」
丁原「この愚か者!」

丁原の放った剣が呂布を襲う!呂布、咄嗟に弾く!

呂布「何をされる!義父上!」
丁原「奴は今、人材を補強し、劉表を吸収する勢いじゃ!
あの孫堅をも撃退したのじゃぞ!今叩かねば大きくなる一方じゃ!
陳宮!何進に同盟の使者として行って参れ!」
宋憲「殿〜。何進は逆臣だす!曹操を討つなら孫堅と結んだ方が得策だすよ〜、ってあべし!」

今度は丁原の剣が当たった・・・。

丁原「ふん。忠勝!先陣はお主じゃ!見事曹操の首級を挙げて参れ!」
忠勝「・・・・。」

こうして重い評定が終了し、忠勝、張遼、関羽隊が出陣を余儀なくされた・・・。

呂布「忠勝。」
忠勝「奉先殿、何か?」
呂布「丁原は見境がない。お主の知と俺の武があれば・・・。
今なら張遼、陳宮、高順が付く。
お主は俺の嫌悪武将である関羽、張飛とも親愛だ。
身内を討ちたくなかろう?」
忠勝「ふっ。文遠殿だな。見事な賢察よ。
だが奉先殿。興さずとも時はすぐにくる・・・。
その時はあなたの判断を仰ごう。」
呂布「待つのか!?今すぐ・・・。」
陳宮「将軍。今は慎まれよ。忠勝殿の言う通り、時は掛かりませんぞ。」
呂布「そうか。ならば今暫く待つとしよう。だが俺は長くは待てん!」

その頃・・・。本国では・・・。

丁原「おお!でかした、戯子才!徐晃、干禁、これから大いに働け!」
戯子才「ふふふ。二人とも大仕事をやってのけるでしょう。ふふふ・・・。」
そして戯子才宅・・・。
戯子才「二人とも、解かってるな?あの方のお子の為だぞ。」
徐晃、干禁「ははっ!張遼を通じて手は打ってあります。」
戯子才「お膳立ては出来た。
    あのお子なら、お父上と旨く時を計れるだろう。ははははは!」

丁原老人の星が流れて間もなく2ヶ月が経とうとしていた・・・。
(注・ 星が流れてからランダム期間で寿命を迎えるゲームシステムのようです。)

三國志XI with PK リプレイ その4へ続く〜

三國志XI with PK リプレイ2

LINEで送る
[`evernote` not found]

三國志XI with パワーアップキットプレイ日記

丁原老人(53歳)に更なる試練か?

伝令「申し上げます!」
丁原「何じゃ?呂布め、早くも陥落させたか?」
伝令「いえ・・・。呂布隊、壊滅状態にて撤退!お三方はご無事の模様!」
丁原「ひでぶっ!」

老人が回復するまでしばしお待ち下さい・・・・。

そして・・・。軍議。

丁原「呂布!どういう訳じゃ!忠勝、張コウ!
主らも付いていながらなんたる失態!」
忠勝「詳細はこうです・・・。」

勇んで出陣した7千の部隊。敵城近くで弓槽を建設に懸かったところ・・・。

張飛「呂布!てめえだけは許さねえ!」(実台詞引用)

張飛が特攻してきた!しかし、攻撃力100を超える部隊。たいした被害無し!と余裕ぶってたら・・・。

劉備隊が出陣。チャンス!君主を潰せば士気は下がる!と劉備へ特攻!しかしこれが敗因だった。

劉備隊を500まで減らし、後一歩という時に、満を持して関羽が出陣!関羽の火矢と共に「義兄弟連携!」そう、仲の良い武将同士は一部隊が攻撃すると連撃が発生するのだ!一回の攻撃で3部隊に攻められる最悪のパターン!流石の呂布隊も混乱状態に!関羽の火攻めで更に追い討ち・・・。

忠勝「・・・。」
丁原「して、うぬら、どうするのだ!」
宋憲「殿。ここは人材登用だす!」
丁原「あっ!そうか。っておめえいたのか?」
宋憲「いただすよ〜。ここは1部隊1〜2人で各部隊を編成できるように
するのがいいだす。」
忠勝「宋憲殿。今日は冴えてますな。では高順殿は呂布将軍。
私は張遼殿に出向きましょう。」
宋憲「? どちらも呂布将軍の親愛武将だすよ。
何か理由でもあるんだすか?軍師?」
忠勝「ふはははは!私を誰と心得るか!前回、相性の話をしたではないか。
私は高順殿とは合わないが、張遼殿とは最高なんだ!」
宋憲「相性だすか〜。なるほど。ということは軍師は殿とも相性が悪い
のでは?ぐふっ!?」
丁原「忠勝・・・。宋憲が倒れたぞ。何をした?」
忠勝「なに、単なるかめはめ波です。」
丁原「お主・・・。何者か?」
忠勝「まあそれはさておき。陳宮も私の知人です。
この軍は戦バカばかり。参謀は副将とすれば戦が有利に運べます。
おまかせ下さいますな?殿。」
丁原「なんか引っかかるが・・・。軍師に任せよう。」

こうして呂布は高順を、忠勝は張遼を登用させた。
そして陳宮を訪ねると・・・。陳宮は口元に笑みを浮かべ、

「舌戦といきましょう。忠勝殿。」

しかーし!忠勝は一撃で陳宮を論破!
そう、今作は舌戦でも一撃必殺が発生するのだ!

こうして丁原は人材を補強した。ただやはり寿命が・・・。
更に軍議での忠勝の怪しさ・・・。

「あやつ、何でワシの軍にいるんだ?跡取りは呂布と考えているが・・・。 知と民の支持は遥かに忠勝が上回っている。しかも張遼と相性がいい。
 まてよ?ということは曹操ともいいはず。まさかあやつ・・・!」

しかしそこで丁原は睡魔に負けたのだった・・・。

リプレイその3へ続く〜

三國志XI with PK リプレイ1

LINEで送る
[`evernote` not found]

三國志XI with パワーアップキットプレイ日記

皆さんはじめまして。奸雄といいます。

昨年より英傑群像&倶楽部様に出入りさせて頂いている魏好きの男です。

今回、
「三國志XI with パワーアップキット」のプレイ日記を書くことになりました。
ヘボゲーマーですが何卒よろしくお願いいたします。

プレイシナリオ 187年4月 何進包囲網
プレイ君主   丁原
オリジナル武将「忠勝」を初期配下に加えてます

何進が皇帝を名乗り、各地で群雄が挙兵。黄巾の残党も存在する。
その中、晋陽の地で旗揚げした州刺史丁原(52歳)。
配下は呂布を筆頭に武闘派揃い。忠勝が唯一の参謀兼軍師。
幸い、最大勢力何進とは空白地を挟んでの対峙。人材捜索と併用して束になって内政に従事することにした。
程なく、公孫度、恭を登用。貴重な内政要員ゲット!
更に2ヵ月後、名将張コウの登用に成功!

1年間、じっくり内政に費やし、新要素である吸収合併も成功。
造幣を囲んでLv3の市場と穀倉を囲んだLv3農場で、一定の金と兵糧の収入が見込めるようになった!評定での呂布の意見を取り入れ、徴兵と共に軍屯農を建設。
あ〜潤った。と安心してる場合じゃあない!
丁原の寿命が近いのだぁ!そう、戦だー!

188年6月、軍師忠勝が、
「丁原様。劉備勢力が手薄かと・・・。」との進言に伴い、ありったけの軍馬で、大将呂布、副将忠勝、張コウの7千の軍勢で出陣!
その後、在野に遂にあの二人の名将が出現!
そう、張遼と高順だぁ!さっそく登用を試みる。
が、しかし「イヤです!」だって・・・。
丁原自ら出向いたのに・・・。なぜだぁ!

宋憲「殿。相性というものがありんす。」
丁原「じゃあ、てめえ行けよ!」
宋憲「あちきじゃあ無理だす。」
丁原「誰がいいんじゃ!?」
宋憲「呂布将軍が親愛武将だす。呂布しょ・・・。ぐはっ!何をなさるだす殿!」
丁原「呂布は出陣しとるわ〜!直ぐに戻れるわきゃねえだろ!」
宋憲「じゃああきらめるだすよ〜。殿。あちきがいるでありんす。」
丁原「てめえ!武闘のみだろがぁ〜!」
宋憲「ぐはっ!と、殿。ほんとにあと1年で寿命だすかぁ〜?あちきより断然つ、強い・・・。」
こうして丁原は早くも壁にぶつかった。寿命の壁にも・・・。宋憲は怪我で2ヶ月能力が落ちた・・・。
丁原老人 寿命まであと5ヶ月・・・。

リプレイその2に続く・・・。