NHK「テレビで中国語」レッドクリフインタビュー

LINEで送る
[`evernote` not found]

本日のNHK「テレビで中国語」でジョンウー監督と
孫権を演じたチャン・チェン
のインタビューが放送されていました。

オフィシャルサイトにも出ていなかったので
いきなり出てきたときには驚きました。

覚えている内容では
孫権役のチャンチェンは
孫権が、兄弟愛や優柔不断な人間から勇敢な君主にかわって
いく映画で、孫権も今の若者と同じ悩みを抱えていて
夢や理想は年長者に影響され簡単には挑戦することができず
そこが孫権は自分と似ているところだといっています。

友情を重視しているというジョンウー監督
「国際的」な映画にしようと決めていたのだともいっています。
アジア人以外に三国志を広めたいのだとか
伝道師のようですね。

人間らしさを重視し、過度の神格化はしないようにしたのだとか。
また友情、愛情にも重きを置いているのだとか。
人は単純に善悪では決めれないもので
愛すべき点と欠点はあるので
それを映画で大事にしているといっておられました。

Part1にはでてこない、Part2の
・甘興が爆弾らしきものを試すシーン
・諸葛亮が連弩を触っているシーン
・孫尚香が伝書鳩を飛ばすシーン
などもふくまれていて非常に
ファンにはラッキーな内容でした。

10月23日(木)深夜3:10~と10月24日(金)午後3:15~
にも再放送がある予定なのでぜひ見られてください。

>NHK「テレビで中国語」
http://www.nhk.or.jp/gogaku/chinese/program.html

追記
※番組名間違っていました。見ていながら間違ってすいません。

「NHK「テレビで中国語」レッドクリフインタビュー」への2件のフィードバック

  1. 初めまして♪

    突然、書き込みすみません!!

    チャンチェンのオフィシャルサイトが知りたくてコメントしました!!

    是非教えて頂きたいです♪

    宜しくお願いします!!

コメントは停止中です。