【月刊】三国志英傑群像通信 第73回

LINEで送る
[`evernote` not found]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【月刊】三国志英傑群像通信 第73回

 2008年7月1日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<トピックス>
■ ごあいさつ
■ 三国志戦争辞典
■ 三国志ランキング
■ イベント情報
■ 商品情報
■ 担当者のつぶやき

*****************************

 ■  ごあいさつ  ■

 いつもご購読ありがとうございます。
 英傑群像岡本です。

 梅雨で雨がつづきじめじめして嫌ですね。

 そんな天気もどこへやら
 東京八王子市の東京富士美術館で行われている
 「大三国志展」に週末うかがって
 体験イベント行わせて頂いております
 (次回7/6と7/12)が
 入場者の長蛇の列にびっくりしどうしです。
 
 三国志ファンの多さをヒシヒシと実感する日々。

 東京での展示も残すところあと13日

 東京展しか展示されないものもあるようです。
 是非行かれてくださいね。

 また週末は名札をしてうろうろしておりますので
 私を見たらお声掛けください。

 大三国志展ブログ
 http://www.fujibi.or.jp/3594blog/

*****************************

 ■   三国志戦争辞典 第72回   ■

 三国志といえば戦国時代です。様々な戦争がありました。
 ここでは三国志の時代の有名な戦さについて
 ご紹介してまいります。

::: < 博望坡の戦い(はくぼうはのたたかい)> :::
[おもな登場人物]

劉備(りゅうび)   袁紹(えんしょう
曹操(そうそう)   劉表(りゅうひょう)
夏侯惇(かこうとん) 于禁(うきん)
李典(りてん)

[おもな地名・場所]

新野(しんや)

[国の位置関係]

     袁紹
  曹操

劉表(劉備)

201年
官渡(かんと)の戦いで袁紹(えんしょう)側につき
曹操(そうそう)に敗れた劉備(りゅうび)は
袁紹と運命をともにせず、袁紹の元を去り
荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)の
元に逃げ込みます。

劉表は劉備を受け入れ
対曹操対策として前線に位置する新野(しんや)に
歴戦の将である劉備を配置します。

官渡の戦いで袁紹をやぶった曹操は
隻眼の将軍夏侯惇(かこうとん)、于禁(うきん)、
李典(りてん)を派遣。

劉備はこれに応じて積極的に売って出て
応戦します。

しかし博望坡(はくぼうは)での対峙が続き
劉備は伏兵をおいたあと
退却するフリをして自らの陣に火を放ち退却。

退却と判断した夏侯惇らは追撃を開始します。
しかし、劉備軍の伏兵に攻められて
退却を余儀なくされます。

その後曹操軍は南下せず
曹操は袁紹の残党を倒すため北へむかい
数年間、戦さはなくなります。

劉備はまさにこの地 新野で
ことわざにもなる「髀肉の胆(ひにくのたん)」の
安全な期間をすごし、その間に
徐庶や諸葛孔明などといった
優秀な人材をあつめていくのでした。

物語では「三顧の礼」で軍師となった
諸葛孔明(しょかつこうめい)の初陣として「
博望坡の戦い」が登場しますが
史実と時期が5年近くずれており
207年の出来事として描かれます。

曹操は荊州を攻めるべく南下をはじめます。
劉表がすでに亡く、子の劉ソウは曹操に降伏。
劉備は孤立するも先陣の曹仁(そうじん)を
諸葛亮の計略をもって「博望坡の戦い」で破り、
諸葛孔明が軍師としての凄さをしめし
関羽も張飛も信服するというストーリー。

史実と物語で違いはあるものの
一旦は勝った劉備ではありますが
その後、曹操自らが出陣してくるにあたり
曹操軍との有名な戦いである
「長坂の戦い(ちょうはんのたたかい)」
「赤壁の戦い(せきへきのたたかい)」
へ向かっていきます。

(おわり)

***************************

 ■  三国志ランキング  ■

 三国志に関する様々なランキングを
 みなさまのアンケートをもとに実施しております。
 ⇒http://chugen.net/ranking/

 ●毎月変わる三国志質問【一番は誰だ!アンケート】●

 ▼ 先月の質問 結果発表 ▼

 [Q.張飛の好きなシーン?(三國志演義)]

 第1位 長坂破で曹操軍を止める       17票
 第2位 三顧の礼。文句を言うも付いて来た事  4票
 第3位 離れ離れとなった劉備を待っていた    3票

 >>憎めない存在の張飛は三国志には欠かせない人物ですね。

 ▼ 今月の質問 ▼

 [Q.三国志の中で最強の兄弟は?]    

  投票実施期間:7月中  是非ご投票を!
  ⇒http://chugen.net/ranking/ranking_form3.html

 ●三国志みんなに質問・投票したい事は?アンケート●

 第1位  内政の一番素晴しい人は誰か?  41票
 第2位  華雄、顔良、文醜って誰が一番強い? 40票
 第3位  ホウ統が生きていたら蜀はどうなった? 31票
 第4位  猛将と言えばどの武将?  26票
 第5位  一番会ってみたい人物は?  24票
 第6位  義兄弟の契りを交わしたい武将は? 21票
 第7位  三国志のなりたい役職   20票
 第8位  自分が思う三国志の主人公は?  19票
 第9位  各国間でトレードをしてみたい人物? 15票
 第10位 ズバリ三国志の主人公は?  14票
 ⇒http://chugen.net/ranking/ranking_form4.html

 ※採用されたら次回ランキングから消えていきます!

***************************

 ■  イベント情報  ■

ここでは当サイトのイベント情報を紹介いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●●● 第36回  イラストコンテスト順位決定!●●●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投票は結構ばらけて激戦でした!

優勝    夏候尚    司馬子龍さん 105票 10pt
第2位   大喬・小喬 橘昴さん     101票 8pt
第3位   孫尚香     mioさん      86票  6pt
第4位   諸葛亮     MISAKIさん   75票  5pt
第5位   姜維       宜市さん     62票  4pt
第6位   李粛       明加さん     56票  3pt
         孫策       風さん       56票  3pt
第8位   夏侯惇     曹来来さん   55票  1pt

 ⇒http://chugen.net/contest/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 第37回(次回)三國志武将イラスト募集開始 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  次回、来年8月投票分のイラストコンテスト募集中!

  【次回応募締切:2008年7月30日まで】

   37回目イラストコンテスト!

  三国志への思いをイラストに込めて描いて見ませんか?
  絵の上手い下手は全く関係ありません。
  三国志への思いは必ずみんなに伝わります!!

  皆さま是非イラストをお気軽にご応募ください!
  手書きで郵送も可。ご希望なら返却もいたします。

  [三国志城で連動展示&投票を行います。]

  ⇒http://chugen.net/contest/index2.html

***************************

      ■   その他募集   ■

●● 英傑群像会員制 英傑倶楽部 ●●

 会員募集中!
 ⇒http://chugen.net/information/member.html

●● 私の三国志自慢コーナー ●●

 三国志の他の人にない自慢者 募集中!
 ⇒ http://chugen.net/boast.html

***************************

      ■   新商品情報   ■

 ここでは当サイトの新着商品情報などを紹介いたします。

【 6月 】 新発売グッズ!

・キリバリゲームズ「三国志将棋」 新発売
・「三国志万華鏡」満田剛著
・諸葛亮うちわ丸型
・かわいい三国志トランプ
・太極図水晶ストラップ
・赤兎馬関羽銅像20cm
・「出師の表」クリスタル

【 7月以降 】 発売予定

・孔明彫像
・孔明ペーパースタンド
・三国志マッチセット
・三国志指人形
・曹操箸セット
・関羽鍍金像

などなど

 少しづつ出してまいります。
 よろしくお願いします。_(._.)_

***************************

     ■   担当者のつぶやき   ■

 今月は「大三国志展」もありますが
 神戸では7/27に「三国志祭」も実施します。

 横山光輝三国志「巨大とうろう」のパレードと
 「三国志コレクション」と銘打った
 イベントブースも設置します。

 三国志関連のメーカー
 ・エイベックス映画「レッドクリフ」
 ・バンダイ「三国伝」、
 ・ゲームヤロウ「三国志豪傑伝」
 ・サンクチュアリ出版「三国志男」
 の展示をはじめ、
 横山三国志の展示、グッズ販売など
 三国志色一色のイベントとなります!

 スペシャルゲストも登場!(近日発表)

 お昼から夜まで終日行います。 

 神戸観光と共に是非遊びにいらしてください!