三国志英傑群像通信【月刊】第72回

LINEで送る
[`evernote` not found]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【月刊】三国志英傑群像通信 第72回

 2008年6月1日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<トピックス>
■ ごあいさつ
■ 三国志戦争辞典
■ 三国志ランキング
■ イベント情報
■ 商品情報
■ 担当者のつぶやき

*****************************

 ■  ごあいさつ  ■

 いつもご購読ありがとうございます。
 英傑群像岡本です。

 ご存知のように三国志劉備がつくった蜀漢の地
 成都が大変な事になっています。

 そのお隣のミャンマーのサイクロンなどでも 
 天変地異に対して人間は無力で
 また、何も出来ないジレンマを感じます。

 地震国にいる我々も他人事ではないですから
 少しづつでも何か行っていければいいですね。

 7月に行う神戸の「三国志祭」や
 「三国志城博物館」においても募金活動など
 はじめようかと話しています

*****************************

 ■   三国志戦争辞典 第71回   ■

 三国志といえば戦国時代です。様々な戦争がありました。
 ここでは三国志の時代の有名な戦さについて
 ご紹介してまいります。

::: < 曹操討伐計画と孫策暗殺 > :::

       前回の続き
 
[おもな登場人物]
孫策(そんさく)   黄祖(こうそ)
曹操(そうそう)   袁紹(えんしょう)
孫匡(そんきょう)  曹彰(そうしょう)
孫賁(そんふん)   許貢(きょこう)

[おもな地名・場所]
揚州(ようしゅう)  許都(きょと)

[国の位置関係]
     袁紹
  曹操    

劉表  孫策  
200年

孫策(そんさく)は、僅か四年あまりで
揚州(ようしゅう)を征し連戦連勝。

その後、劉表軍と戦い
父の仇である黄祖(こうそ)を取り逃がしはしたものの
その軍をやぶり勢い盛んでした。

その頃、曹操(そうそう)は袁紹(えんしょう)と
対峙しており、
あの曹操も彼には手を出す事を辞め
懐柔策を取ります。

曹操は兄弟の妹を
孫策の弟の孫匡(そんきょう)に嫁がせ、
子の曹彰(そうしょう)には
孫策の従弟 孫賁(そんふん)の娘を
娶らせます。

しかし、孫策は
そんな事は関係ないかのように
曹操が袁紹と対峙して
力を注いでいる隙を見て
本拠地許都(きょと)を襲い、献帝を迎え入れるため
計画を進め出陣しようとしていました。

そんなとき孫策は
鹿追いの駆りに外出します。

数年で
急激に強敵を倒して領土を広げた
孫策は、その倒れた将たちの家族や
家臣に少なからず恨まれていました。

孫策が倒した人物の中に呉郡太守
許貢(きょこう)という人物がいました。

彼に世話になった3名の人物がおり、
彼らは仇を討つべく好機をねらっていました。

そんなとき孫策は鹿追いの駆りに外出します。
その狩りで孫策が一人になった時
これを機会と彼らは孫作を襲いました。

孫策は一人を射殺しますが、
頬に矢をうけて重傷。
他の二人は駆けつけた家来に倒されます。

数日後、その傷がもとで孫策は亡くなります。

これにより曹操討伐計画は中止。

享年26歳。
「小覇王」と賞された英雄の早すぎる死でした。

その後、
官渡の戦い(かんとのたたかい)で
袁紹を破って”中原(ちゅうげん)”を
制することになる曹操は
孫策の死により命拾いしました。

彼が生きていたら
その後どうなっていたでしょうか。

曹操の軍師郭嘉(かくか)は
以前から「孫策は用心が足りないので
刺客に殺されるでしょう」と
いっていました。
郭嘉陰謀説も考えられそうです。

孫策のあと
弟の孫権(そんけん)が継ぐ事になります。

こうしてのち
曹操軍と孫権・劉備軍の有名な戦いである
「赤壁の戦い(せきへきのたたかい)」
へ向かっていくのでした。

(おわり)

***************************

 ■  三国志ランキング  ■

 三国志に関する様々なランキングを
 みなさまのアンケートをもとに実施しております。
 ⇒http://chugen.net/ranking/

 ●毎月変わる三国志質問【一番は誰だ!アンケート】●

 ▼ 先月の質問 結果発表 ▼

 [Q.関羽の好きなシーン?(三國志演義)]

 第1位 麦城の戦い 12票
 第2位 千里行  9票
 第3位 桃園の誓い 7票

   >>やはり関羽の最後の舞台に皆さん心惹かれたようです。

 ▼ 今月の質問 ▼

 [Q.張飛の好きなシーン?(三國志演義)]    

  投票実施期間:6月中  是非ご投票を!
  ⇒http://chugen.net/ranking/ranking_form3.html

 ●三国志みんなに質問・投票したい事は?アンケート●

 第1位  内政の一番素晴しい人は誰か?  41票
 第2位  華雄、顔良、文醜って誰が一番強い? 40票
 第3位  ホウ統が生きていたら蜀はどうなった? 31票
 第4位  猛将と言えばどの武将?  26票
 第5位  一番会ってみたい人物は?  24票
 第6位  義兄弟の契りを交わしたい武将は? 21票
 第7位  三国志のなりたい役職   20票
 第8位  自分が思う三国志の主人公は?  19票
 第9位  各国間でトレードをしてみたい人物? 15票
 第10位 ズバリ三国志の主人公は?  14票
 ⇒http://chugen.net/ranking/ranking_form4.html

 ※採用されたら次回ランキングから消えていきます!

***************************

 ■  イベント情報  ■

ここでは当サイトのイベント情報を紹介いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●●● 第36回  イラストコンテスト投票開始!●●●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 イラストコンテストご投票よろしくお願いします。

 英傑群像投票期間: 2008年6月1日 ~ 2008年6月30日
 三国志城投票期間: 2008年6月4日 ~ 2008年6月27日

 ◎応募 15作品

 ⇒http://chugen.net/contest/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 第37回(次回)三國志武将イラスト募集開始 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  次回、来年8月投票分のイラストコンテスト募集中!

  【次回応募締切:2008年7月30日まで】

   37回目イラストコンテスト!

  三国志への思いをイラストに込めて描いて見ませんか?
  絵の上手い下手は全く関係ありません。
  三国志への思いは必ずみんなに伝わります!!

  皆さま是非イラストをお気軽にご応募ください!
  手書きで郵送も可。ご希望なら返却もいたします。

  [三国志城で連動展示&投票を行います。]

  ⇒http://chugen.net/contest/index2.html

***************************

      ■   その他募集   ■

●● 英傑群像会員制 英傑倶楽部 ●●

 会員募集中!
 ⇒http://chugen.net/information/member.html

●● 私の三国志自慢コーナー ●●

 三国志の他の人にない自慢者 募集中!
 ⇒ http://chugen.net/boast.html

***************************

      ■   新商品情報   ■

 ここでは当サイトの新着商品情報などを紹介いたします。

★売切れ品の商品再入荷 情報メール

 近日開始します。 
【 5月 】 新発売グッズ!

・馬超・趙雲・黄忠かわいい陶器発売
・諸葛亮「梁父の吟」竹書
・関羽20cm陶器像
・扇子10名武将2種
・扇子8名武将3種
・正子公也氏デザインフィギュア
 関羽、劉備、張飛

【 6月以降 】 発売予定

・孔明彫像
・孔明ペーパースタンド
・三国志マッチセット
・三国志指人形
・出師の表文鎮
・曹操箸セット
・関羽鍍金像

などなど

 少しづつ出してまいります。
 よろしくお願いします。_(._.)_

***************************

     ■   担当者のつぶやき   ■

 「大三国志展」美術展 好評開催中です。
 行かれた方もすでに多いかと思います。

 大三国志展のブログにも書いていますが
 万人とまではいかないまでも、老若男女
 いろんなジャンルの三国志ファンが
 楽しめるようなものになっていると思います。

 東京会場は7月13日までです。
 まだ行かれていない方はお早めに!

 イベントなどもお勧めです!

 大三国志展ブログ
 http://www.fujibi.or.jp/3594blog/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  【月刊】三国志  英傑群像通信

    三国志エンターテイメント【英傑群像】

    URL   http://chugen.net/
     携帯版  http://chugen.net/i/
      ブログ  http://sangokushi.chugen.net/

    発行者 : 岡本 伸也

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■