国内最古・弥生時代 鞘尻金具出土

LINEで送る
[`evernote` not found]

ときどき三国志時代の日本
弥生時代の情報も提供しています。

福岡県の元岡遺跡群(「魏志倭人伝」伊都(いと)国)
から国内最古の弥生時代 鞘尻(さやじり)金具出土が見つかったそうです。

鞘尻は約1800~2000年前のもの
後漢・三国志時代の中国製
青銅製
長さ:2.95cm
幅:2.85cm
厚さ:0.9cm

長さ20cm前後の刀子(とうす)(小刀)を入れる
鞘の先端につけられた装飾品

刀子は武器のほかに木簡や竹簡に書かれた文字を削る道具
(文字の間違いなどがあると削って新たな文字を入れるために削ったようです。)

「大陸との間で文字を使った外交が行われていた可能性をうかがわせる発見」
なんだとか。
まだまだ判っていない日本の当時のことがまた少しわかってきたようですね。

鞘尻金具は26日~6月29日、福岡県前原市
伊都国歴史博物館で公開されるようなので
興味のある方は見に行かれてみてはどうでしょうか?

>読売新聞の記事
>伊都国歴史博物館