レッドクリフ 新情報 2008/3/12

LINEで送る
[`evernote` not found]

映画 レッドクリフ

の新情報が続々と出てきておりますのでご紹介。
※エイベックスさんからも一部情報いただきました。

◎公式サイトでは壁紙や動画も公開されています。

<その1>
中村獅童さんが演じる役は架空の人物
瓦瀧(ワーロン)役と発表されていましたが
最終的にオリジナルの「甘興(カンシン)」というキャラクター
になったそうです。

「甘興」って「甘寧」では?と思うかと思いますが、
エイベックスさんによると「甘寧」ではないとのこと。
ただ、元々ジョン・ウー監督は、「甘寧」を想定していて、
中村獅童さんの演技をみた監督が役のイメージを膨らませたので、
オリジナルの「甘興」というキャラクターを創出したのだとか。

「甘寧」の延長線上のイメージの人物と考えていいようです。
「甘興」の活躍も楽しみです。

<その2>
日本公開が10月となったようです。

配給提供の
エイベックス20周年記念、テレビ朝日50周年記念
東宝東和80周年記念なんだとか
ちなみに、今年は[赤壁の戦い]から1800年目。

< その3>
レッドクリフの製作費は当初予定の90億円をオーバーし
100億円までに達し。同監督は不足分10億円を自ら出資し
1ヶ月の撮影期間を延長して映画の撮影を終わらせたとの事。

ちなみに、中国のサイト情報では
「赤壁の戦い」の前哨戦である
「長坂の戦い」で撮影に半年も掛けたそうです。(^_^;)

<その4>
レッドクリフがカンヌ映画祭でダイジェスト版がお披露目されるそうです。
日にちは5月19日
ジョンウー監督ほかメインキャストによる記者会見を実施だとか。

日刊スポーツの記事
>映画「レッドクリフ」オフィシャルサイト