「web三国」台湾ゲーム日本語版1/25

LINEで送る
[`evernote` not found]

台湾のゲーム「web三国」(Gameflier社)の日本語版サイトがオープンし
日本語対応テストサーバーを1月25日にオープンするとのことです。

このゲーム最近の流行のMMORPGとは違い
SLG要素の強いインターネットゲーム。
MMORPGが苦手な方にはいいかもしれません。

プレイヤーはまず三国志のMAP内で1つの城を有して
自分の領地に建物を建設し
隣国の城(他のプレイヤー)と交易、同盟、攻撃、略奪
をすることができるようです。
画面は斜め上から見下ろした視点。
このあたりあるメーカーのSLGそっくりですね。(^_^;)

台湾版では開始時に攻撃型、防御型、平均型の3つより
「策略型態」というのを選びます。

開始場所として、 荊州、揚州、益州、交州が選べます。
兵種、在野、軍師の概念もあります。

また、このゲームのすごいところは
”ダウンロードやインストールを行うことなく、
「Internet Explorer」などのブラウザーでプレイできるシミュレーションゲーム”
だそうで、それが本当ならTVのブラウザーや携帯電話のフルブラウザーや
マッキントッシュやゲーム機のブラウザーなどで
遊べるということです。

基本プレイ料金無料のアイテム課金制ですが、
オープン時はテスト期間なので無料体験できます。
この機会に遊ばれてみてはどうでしょうか?

>web三国オフィシャル
http://www.websango.com/
>ファミ通の記事
http://www.famitsu.com/pcent/news/1213115_1341.html