重慶西沱古鎮で、第四の張飛廟発見!

LINEで送る
[`evernote` not found]

重慶市西沱古鎮で先日1基の古寺廟が発見されました。
これが張飛廟だったそうです。

※発見といっても、当然地元の人は一部知っていたようですが
全国的に認知されるのは今回が初めてという意味。

この張飛廟は500平方メートルあって、
後殿の壁の上に、趙雲、関羽、張飛の刺繍で描いた人物像。
正殿の梁の上に“光緒年間再建(1875年 – 1908年)”とかかれており、
はっきり彩色された蛇矛と三国志のストーリ画を見ることができるだとか。

泥人形で出来た張飛塑像が正殿に昔あったと村の長老はいっているそうで
いまは残ってないようです。

益州攻撃時、張飛は臨江(西沱古鎮のあるあたり)で厳顔を
知恵で倒し、味方にしたことから西沱人の崇敬と尊敬を得たようです。

もと四川地区では次から次へと張飛廟が建てられたようですが
いまは他に二箇所を残すのみ。貴重な発見です。

絵は、年代はかなり古いため、史料は記載していないので、
この張飛廟が最初に建てられた年代を明確にすることができないのだとか。

しかし資料によって推測すると、この張飛廟は
明朝末期、清朝初期までもさかのぼることができて、
少なくとも300年余りの歴史があるそうようです。

ちなみに現在、他の張飛廟は
張飛出生地の河北省タク県、四川省ロウ中市,四川省雲陽県にあります。

中国は広くまだまだこういう場所は出てくる事でしょう。
楽しみです。

>cq.govの記事(中国語)写真有