台湾で三国志の戦い再現!

LINEで送る
[`evernote` not found]

先週、台湾の南投県にある日月潭(台湾最大の湖)の文武寺周辺で、
関帝を祀るイベントが行われたそうです。

一般市民も参加し、フランスパンや小麦粉を使って攻撃しあって
蜀対魏 両軍の戦い(樊城の戦い)の場面を再現・体験したのだとか。
(実際の戦いに曹操は出て来てませんがそのあたりはご愛嬌)

内容は千余人の参加者する大規模なもの。
掲載されている写真では皆さんしっかり兵士の格好や
関羽を演じる人などがいたようです。

その戦いは本格的で
蜀の関軍と魏の曹軍は湖面に船を浮かべて対峙し、
激しい戦いを“小麦粉”で演じたのだとか。

詳しい事はわかりませんが、ある一定のルールのもとで戦われたのだと思います。
勝敗は、蜀の関軍が魏の曹軍を破って、蜀の関軍が勝利。
関羽悲願の勝利というところでしょうか。

もしかしたら、関帝イベントなのでショー的な意味あいで行われ
関羽軍がもともと勝つようになっていたのかもしれません。 
(台湾の方情報お待ちしております!)

南投の観光事業の一環として、
今後毎年このようなイベントを主催する予定なんだとか。
おもしろいですね。来年はいって見て見たいです。
また、日本でもやりたいですね。

>chinataiwan.orgの記事(中国語)

23.700022,120.996207