「正史「三国志」を読む」と「再考・『魏志』倭人伝」

LINEで送る
[`evernote` not found]

カルチャーセンターの講座で
正史三国志と魏志倭人伝と邪馬台国の講座がありましたのでご紹介します。
関西の方は行かれてください!

おいおい他の講座も紹介します。

●正史「三国志」を読む

■場所 大阪市
    朝日カルチャーセンター 大阪センター

■講師 大阪市立大学教授 山口久和先生

■日時
土曜日 10:30〜12:00
2007年 7/7、7/21、8/4、9/1、9/15、9/29 全6回

■受講料 13,860円

陳寿の著した正史「三国志」の本文を読み解きながら、
後漢末・三国時代の歴史の真実を、思想史、文化史の観点から
浮き彫りにします。テキストを読む一方で、ビデオやスライドなどで
歴史の舞台も見ていきます。
とのこと。

●「再考・『魏志』倭人伝」

■場所 神戸市
    朝日カルチャーセンター 神戸センター

■講師 滋賀県立大学教授 田中俊明先生

■スケジュール
2007年
 ?7月 5日  狗(く)邪(や)韓国から倭国へ  
 ?7月19日  邪馬台国
 ?8月 2日  黥面(げいめん)・文身(ぶんしん) 
 ?9月20日  持衰(じさい)   
 ?10月 4日  一(いち)大率(だいそつ)  
 ?11月15日  卑弥呼
 ?12月 6日  親魏倭王 
 ?12月20日  卑弥呼の死

■受講料
会員  9,240円(一般 10,920円)
(当日空席があれば 1回受講 2,730円)

邪馬台国ブームはやや下火になってきたかのようであるが、
問題が解決したわけではない。
ただ近年において、その基本史料である『魏志』倭人伝の詳細な註解も
あらわれ、容易に参加できるようになったといえる。
ここでは、そのような最近の動向もふまえ、改めて『魏志』倭人伝を
通して読んでみたい。
とのことです。

●日本古代史の争点新展開・邪馬台国と倭女王卑弥呼(2)

■場所 神戸市
    朝日カルチャーセンター 神戸センター

■講師 堺女子短期大学学長 塚口義信先生

■スケジュール 15:45〜17:15
7/26、8/2、9/13 3回

■受講料 会員6,930円、一般7,560円

邪馬台国の所在地については、いまだ謎のベールに包まれています。
そこで今回も、最近得た新知見をお話ししながら、皆様と共に、
ふたたび邪馬台国までの道程を歩いてみたいと思います。
とのことです。

○朝日カルチャーセンター

神戸センター
〒650-0021
神戸市中央区三宮町2-11-1-401
センタープラザ西館4階
TEL 078-321-5222
FAX 078-321-5238

大阪センター
〒530-0005
大阪市北区中之島3-2-4
朝日新聞ビル 5階
TEL 06(6222)5222
FAX 06(6222)5221

>朝日カルチャーセンター

「「正史「三国志」を読む」と「再考・『魏志』倭人伝」」への2件のフィードバック

  1. こちらで拝見して、「正史「三国志」を読む」に行ってきました。孫堅伝を読み始めたところでした。
    これからも三国志に関する情報、宜しくお願いします。

  2. ひろおさん
    はじめまして
    「正史「三国志」を読む」講座いかれたのですね。
    どうでしたか?また教えてくださいね。

    情報提供して
    少しでも皆さんのお役に立てることは
    本当に光栄です。
    こちらこそこれからもよろしくお願いします。

    他の皆さんからの書き込み&情報お待ちします

コメントは停止中です。