日中合作で三国志アニメ制作合意

LINEで送る
[`evernote` not found]

以前から言われていました
日中合作で
「三国志」アニメを制作するという話がきまったそうです。

制作したものは中国本土で放映されるそうです。

原作:「三国演義(三国志演義)」
1話約30分52本制作
1年間放映

日本の「フューチャー・プラネット」と、
中国中央電視台(CCTV)系列企業が制作。

日本側が絵コンテ、
中国側が脚本やアニメ制作、キャラクターデザインを担当

日本の実際の制作は、
米ウォルト・ディズニー社の日本法人でアニメ制作をしていた
スタッフらが立ち上げた会社が担うとか。
(事実上、日中米合作という感じですね!?)

総制作費約6億円(うち日本側 約4億円負担)

「フューチャー・プラネット」は
「日本ではあまり知られていないエピソードを盛り込み、
これまでとはひと味違った三国志にしたい」としている。
とありますが、民間伝承でも取り入れるんでしょうか?
やはり最近のトレンドの正史三国志重視ということでしょうか?
どちらにしても
中国社会科学院の三国志学会が監修ということで
しっかりした内容になることでしょう。

中国で放映するのに日本側が多くお金を出していることから
いずれ日本でも放映またはDVD化、ビデオ化される事でしょう。
そのときが楽しみですね。

asahi.comの記事