成都武侯祠小喬コンテストその2

LINEで送る
[`evernote` not found]

以前、書いた
中国「成都武侯祠」が行っている
小喬コンテストについて
反響がおおきいみたいなので詳しく書いておきます。

4月28日に
成都武侯祀は20万元(約300万円)の年俸で
三国イメージ大使“小喬”コンテストを開催。
予選選考の風景。

年間20万元といえば
現地の平均月収1500元とかなので
一般の人の10倍と破格な価格です。

ミス小喬の仕事は武侯祀の解説員や、世界各地において三国文化PR
活動において活躍すること。中国文化・三国文化についてよく知り、
それを愛する若い女性を募集している。

その背景は映画「赤壁」の影響もあると伝えています。

選考形式は三つの段階に分かれています。

1、予選
2、複選(再選での合格者(10名程度)は実際に
     解説員として役を与え、実践試験に臨む)
3、実践試験(結果、最も最優位な者はイメージ大使となり、
       年俸20万元を支給する)

5月2日時点で予選通過した参加者は18名でした。

最終結果はまだ出ていないようです。

また続報ご報告します。

ce.cnの記事(中国語)
>163.comの記事(中国語)