映画「赤壁」エーベックス日本独占配給権獲得

LINEで送る
[`evernote` not found]

来年公開を予定されている
ジョンウー監督 三国志映画「赤壁」
の日本における独占配給権を
エイベックス・エンタテインメント
が獲得したと4月19日発表されました。

以前
この映画に2000万ドル(約24億円)を
出資することで基本合意したと
同社が発表していましたが
さらに増資して総額3400万ドル(約40億円)
を投資する事で本契約を締結したとか。

なお、今回公にエーベックスが
正式に文章で発表した事で噂されていた内容などに関して
明確になった事があります。

・二部構成の作品
・第二部は日本では2009年公開予定
・海外27地域で上演
・2007年9月まで撮影
・制作費が7500万ドル(約90億円)
・「赤壁」という映画名がまだ仮題である
・SHOWBOX(韓国)、CMC(台湾)も製作出資している
・特撮はThe Orphanage(「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ)が担当
・梁朝偉(トニー・レオン)が降板から再度復帰
 (中国などで噂されていることがほぼ確かになりました。)
・金城武(かねしろ・たけし)も確定

あとここでも先日書きましたが
・チョウユンファは確実に降板決定

映画が日本でも2部作としてみれそうですし
来年が楽しみですね。

>エーベックスプレスリリース