人形劇三国志日記 その一

LINEで送る
[`evernote` not found]

現在、CSで人形劇三国志が再放送されています!

お題とあらすじ
第1回 桃園の誓い
  偶然なる出会いから、意気投合し、桃園の誓いを結ぶ。
第2回 黄巾の嵐
  劉備は、義勇軍盧植将軍の陣に投じるも、宦官の讒言
  により、盧植将軍解任される。陣を抜けた劉備は・。
第3回 張角の最期
  黄巾に取り囲まれた劉備は、官軍に助けられ、董卓軍
  に加入、黄巾討伐するも張角すでに・・・。
第4回 英雄動乱の都へ
  安喜県警察署長に任命された劉備であったが、
  官職を捨て、洛陽に内情をさぐるため潜入する。
第5回 都に嵐吹く
  べん皇子、帝につき、権力争いが激化する。非難した
  帝たちを助けた劉備であったが、董卓が都に侵入する。
第6回 怪物都を制す
  董卓、都を占拠し、陳留王を帝にたて、権力をにぎ
  る。曹操、董卓暗殺を謀るも失敗し、敗走する。
第7回 燃える都
  曹操、勅書を発し、反董卓連合軍を結成。虎牢関で激突
  し、負けた董卓は洛陽を燃やし、長安へ行く。
第8回 帝を救え!
  長安へ向かう董卓を曹操が追撃するも失敗。洛陽に残
  った孫堅はギョク璽を見つけ、争いになり、連合軍は分裂。
第9回 連環の計
  ギョク璽を持ち帰る孫堅は、劉表と戦い襄陽郊外に死す
  王允、チョウセンを使い連環の計を用い、呂布、董卓を斬殺する。
第10回 龍虎相搏つ
  曹操、父の仇を討つべく、徐州をせめるも、急襲に
  より、和議を受け入れる。徐州に援軍に来た劉備は、陶謙
  に徐州を譲り受ける。長安から逃げた帝を曹操が助ける。

◎感想
 始まったと思ったら、もう10話、早いですね。
 人形劇三国志日記は7回にわけて、投稿したいと思います。

さて、この三国志を解説してくれるのは、島田伸介さんと松本竜介さん
です。1982年〜1984年の放送ですから、2人とも若いですね。
彼らは人形劇の中で伸伸・竜竜で登場します。うらやましいです。
第9回で、袁紹と曹操にインタビューするところはおもしろいです!

第3回では、董卓は知恵の輪をやっていますが、当時、あったので
しょうか?

第4〜6回では、都に潜入した、劉備たちは白頭巾をかぶり、数々の
人を助け、噂になり、正体がわかると、皆が驚き、「おたずね物の劉備」
と言うところは、日本の時代劇を思わせる感じがします。
幅広い年層にわかりやすく見てもらうためにそのようにしたのかと思い
ました。

群雄割拠する人形劇三国志次回も楽しみです!

英傑群像ブログ、人形劇三国志日記、その一、本日はこれまで!

人形劇 三国志 全集 一巻 人形劇 三国志 全集 二巻 人形劇 三国志 全集 三巻

「人形劇三国志日記 その一」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    懐かしいですね。
    あのオープニングとエンディングもう一度聞きたいです。
    火や水を使った人形劇はたいへんだったと聞きました。
    当時はそんなこと全然わからなかったですが。

  2. 曹徳さん、初めまして、GOGO孝典くんです。
    返事遅くなってしまい、すみません。
    読んでいただきありがとうございます。
    本当、懐かしいですよね。私は、あのエンディングが頭から
    はなれません。なにげに、口ずさむ時もあります。
    言われるとおり、火や水を使った撮影は大変だったと、後で
    私も知りました。三国志が好きな人は一度、見てほしい作品ですね。地上波でも再放送してほしいですね。
    これからもよろしくお願いします!

コメントは停止中です。