三国志大戦2プレイ攻略日記20

LINEで送る
[`evernote` not found]

飛熊の三国志大戦2プレイ攻略日記

2月10日(土) 〜 新システムの感想と新カードについて 〜

前回のブログから2週間経過してしまいました…。
(;^_^A
バージョンアップによる新システムの感想を報告しようと思います。
m(_ _)m

まずは、計略ロック

かなり便利です。(^-^)
設定と解除はスタートボタンで簡単にでき、カード同士の接触による計略暴発も無くなりました。

次に、新特技『覚醒』

この特技を持つ武将は、残りカウント65と32の時に武力・知力が1ずつ上昇することが判明しました。
敵に居た場合、時間が掛かると厄介な武将に変化する特技ですね。
(^o^;

続いて、武功システム

…これは、徳が低い方ほど武功が稼ぎやすくなっている感じです。
上位の方の中には、わざと徳を落として武功を稼いでいるらしいです。
このシステムが搭載されたからだと思いますが、対戦相手が自分自身と徳が同じかそれに近い方になりました。

それから、新しい群雄伝“呂布伝”

使用するカードの種類はかなり少ないですが、イベントに必要な呂布は3種類あるので、内容によって使い分ける必要があります。

最後に、新カードについて
魏・呉・蜀軍は、三国時代に突入した後に活躍した武将が多いですね。
西涼軍・袁紹軍・他勢は、それぞれの時代に登場した武将が主です。

勢力毎に計略と合わせて大まかに紹介します。

・魏軍
蜀を制圧し『魏の二士』と称されたSRトウ艾とR鍾会、呉平定に活躍したSR羊コとR杜預が登場!
司馬懿はSRとして登場し、息子のR司馬師とR司馬昭、さらに孫のUC司馬炎もあります。
そして、魏の初代皇帝・曹丕はSRにリニューアル、二代目の曹叡はUCで登場。
ちなみに、排出停止になっているC曹丕は、SRと同じ性能になっているので代用できます。
レジェンドでは、横山曹操・典韋・曹仁・ホウ徳を確認しています。

計略は主に、短時間で大きな爆発力を秘めている刹那系の計略と、連計計略が増えています。

・呉軍
呉の初代皇帝・孫権、そして陸遜がSRになりました。
そして、私が使っている真っ白デッキで活躍しているC丁奉とC朱桓が、それぞれR丁奉とUC朱桓として登場しました。
(*^_^*)
それから、孫権の娘というSR大虎(たいこ)とSR小虎(しょうこ)があります。
レジェンドでは、横山周瑜以外に横山孫策・孫権・甘寧・魯粛を確認しています。

計略は、反計されないものの発動に時間がかかる、ため計略が増加しました。

・蜀軍
劉備を支えた義弟・関羽と張飛の子供達が勢揃い!
R関平・R関興・R関索に、R張苞・UC敬哀皇后・UC張姫と若い世代の武将が増加。
五虎将の新カードもレアリティや兵種が変わっています。
蜀漢皇帝・劉備はSR&騎兵として登場、姜維はSRとして登場しました。
レジェンドでは、本宮馬超・趙雲・諸葛亮という強力なカードから、横山張松・関平・馬岱というコモンやアンコモンの性能のレジェンドもあります。

計略は、主に槍特有(車輪や長槍)の計略の種類が増えています。

・西涼軍
馬騰・馬超の親子がSRになりました。
また、関中十将から梁興や張横なども登場。
レジェンドでは、横山貂蝉は確認していますが、横山呂布もあるらしいです。

計略は、城ダメージに関係する計略や、歩兵専用計略「解除戦法」があるのも特徴です。

・袁紹軍
新武将は少ないものの攻城兵が増加しました。
袁紹・袁術がRで、顔良・文醜がSRとして新たに登場。
レジェンドでは、横山顔良&文醜を確認しています。
計略は、士気ゲージ量や部隊数で変化する計略や、ダメージ計略が増加しました。

・他勢
追加枚数は、UC公孫淵、UCデイ衡、C樊氏、C張燕、LE孟獲、LE本宮呂布、の6枚です。

計略は…平たく言えば…クセのある計略ばかりだと思います。
(;^_^A

と、こんな感じですね。
(^o^)

それから、真っ白デッキについてですが、『落雷』は与えるダメージがランダムになったとはいえ、使い方を間違えなければ今までと同じなので、メンバーの変更は特に無いと思いました。
すると、新カードで
蜀軍のC羅憲(蜀末期の勇将で、蜀滅亡後に侵攻してきた呉と戦い続けた。)
〔コスト1:槍兵、武3:知5、伏兵持ち、長槍戦法(自身の武力+3&槍が長くなる。:必要士気3)〕
という、C潘璋と能力が同じで計略の士気が潘璋より軽かったので交代させました。
(ちなみに、C潘璋は新しく構築した悲哀デッキのメンバーとして活躍しています。)

バージョンアップしても、真っ白デッキと久々に構築した悲哀デッキで頑張ろうと思います。
(^o^)/

[:URL:]三国志大戦2 入門・用語説明[PC版]
[:URL:]三国志大戦2 入門・用語説明[携帯電話版]