『劉備の墓』

LINEで送る
[`evernote` not found]

もぅ、最近凄く忙しいです。

でも今から、2月15日に時代劇専門チャンネルで始まる『人形劇三国志』が楽しみです。

さて、またいつものコーナーを更新しています。

『管理人所有の三国志関連書籍紹介☆』では
「三国志群雄録」という本を紹介しています。
>三国志群雄録
三国志群雄録

『マイナー武将万歳☆』では
「賈南鳳」という女性を紹介してます。マイナーでもないかナ?
>賈南鳳

さて、民間伝承です。

『劉備の墓』というお話。
劉備の死してその遺体は白帝城から成都に送られ埋葬された。数年後、盗賊が劉備の墓の副葬品を盗もうと墓に侵入した。彼らが中に入って見ると中は明るく輝き、劉備が両脇に10名の衛士を従え、誰かと碁を打っている。賊どもは恐れおののき、あわてて頭を地面にすりつけて罪を詫びた。ところが劉備は怒るどころか、皆に一杯の美酒と玉帯一本を褒美にくれたのである。賊は美酒を飲み、玉帯を受け取ると急いで墓の外に這い出した。思いがけない事がおこった。墓の入り口から一歩外に出たとたん、美酒はねっとりとした膠(ニカワ)に変わって口をはりつけ、玉帯もまた大蛇に変わって腰に巻きついた。後を振り向くとさっき開けたばかりの入り口もいつのまにかピタリと塞がれている。この噂は大きくなって瞬く間に広まり以来二度と盗掘もなく劉備の陵墓は今も完全に保存されているという。/民間伝承より

最近風邪気味です。皆様も三寒四温の折、お身体には充分御自愛下さい。