赤兎馬の愛称を持つ野球選手

LINEで送る
[`evernote` not found]

中日の新外国人、李炳圭(イ・ビョンギュ)外野手

韓国では愛称“赤兎馬(せきとば)”
と呼ばれているようです。
日本でいう「韋駄天」ってイメージでしょうか。

三国志を知らない人に全くわからないかもしれないので
紹介すると
”赤兎馬”といえば三国志で
「千里を駆ける」といわれる赤毛の名馬です。

韓国を代表する俊足の打者として
活躍していたため
「赤兎馬」と名がついたようです。

三国志随一の武将の
呂布(りょふ)と関羽(かんう)が乗り継いで
使っていました。

そうなると、中日の落合監督が愛称「関羽」
となるのかな!?

日本でも愛称「赤兎馬」と呼び続けて
いきたいですね。

中日新聞の記事