坂口和澄先生の新本2冊

LINEで送る
[`evernote` not found]

三国志書籍といえば
坂口和澄先生というほど書籍がたくさんある
先生の本が2冊この7月発売になりました。

執筆量の多さにいつも驚かされます。

先生にKOBE鉄人三国志ギャラリーの
オープン時にもお世話になり、
いつもご連絡いただき気にしていただいております。

そのギャラリーでもこの2冊の販売も開始します!

タイトル  『三国志列伝』

定価924円(税込) 432ページ 文庫判 (10.5×15cm)
出版社  学陽書房

<内容>

三国志という壮大な歴史ドラマは、劉備、曹操、孫権
それぞれが統一国家の君主たり得たであろう3人を主役とし、
武略と英知を駆使し覇を争った物語。多くの勇将、智将たちが
3人を支えていた。彼らも一筋縄でいかない多士済々揃い。
数多い登場人物を蜀・魏・呉・後漢にわけ、重要人物や
個性的な人々195人の「その人らしさ」を詳細に解説。
三国志ワールドをより深く楽しめるファン必携の人物列伝。

 

タイトル 『全貌三国志演義◎英雄百年の興亡』
定価1,800円(本体1,714円)/四六判/272ページ

<内容>

三国志演義の魅力を1冊に凝縮!!史実とどこが異なるか?
『三国志演義』全120回を1回ごと見開き2ページで紹介!
『演義』理解のための副読本決定版ついに登場!

本の特色
●1回ごとに演義と正史の主な相違点を明らかにする。
●演義と正史を対比させた年表に主要人物の死没年も表示。
●本文に22点の地図を掲載し物語の地理的把握を容易に。
●『全相三国志平話』の古雅な絵も満載。