2011 長崎ランタンフェスティバル

LINEで送る
[`evernote` not found]

各地で様々な旧正月を祝うイベントが行われておりますが、
長崎でも『長崎ランタンフェスティバル』が開催中です。

今年は2月3日(木)~2月17日(木)までの2週間、
長崎新地中華街をはじめ市内の中心街には、
中国の風習にならって約1万5千個にも及ぶランタン(中国提灯)が装飾され、
長崎の街を彩ります。特に夜になり電燈がつくと幻想的な美しさです。

当然、三国志の登場人物たちもオブジェとしてその姿を見ることができます。

今年の新作 『馬上関羽』(湊公園会場)

 

張飛(浜んまち会場)

 

劉備(浜んまち会場)

 

関羽(浜んまち会場)

 
 

貂蝉(唐人屋敷会場)

 

長崎新地中華街横の湊公園会場では、
神戸と同様に関帝様を祀る祭壇が設けられ、線香をあげることができます。

長崎では関帝様のお姿はいたる所に見ることができます。
ランタンフェスティバルの会場の一つとなっている『興福寺』や『崇福寺』
こちらも会場の一つ『唐人屋敷』の『天后堂』と『観音堂』にも祀られております。

唐人屋敷観音堂の関帝様

 

その他、限定ストラップや長崎限定の三国志ストラップなど買う楽しみもあります。

長崎燈會限定ストラップなど

 
土曜には『皇帝パレード』、日曜には『媽祖行列』などのパレードや、
今年から会場となった孔子廟など他にも見どころいっぱいです。