神戸南京町 春節祭2011


2月3日は暦の上で旧正月の元旦。
神戸の中華街『南京町』でも旧正月を祝うイベント『春節祭』が
2月3日から6日まで、今年も盛大に行われております。

メインステージ横には関帝様(関羽)を祀った廟が作られ、
関帝様に線香を供え、お参りすることができます。
ここでは『西遊記』のキャラクターたちが案内役となってくれ、
最後は悟空や三蔵法師たちと記念撮影。
その横では神戸の関帝廟のおみくじも引くことができます。

京劇の衣装に身を包み、中国の歴史上の人物に扮して
華やかに練り歩くパレード、『中国史人遊行』も行われました。

三国志の登場人物は、曹操・劉備・孫権の三英傑に始まり、
大喬・小喬・関羽・張飛・趙雲・貂蝉・諸葛亮の10人。

京劇の関羽の顔に「ほくろ」があるのは、
役者たちが神様である関羽に対して
「私は本物の関羽様ではありません」と敬意を表してのことらしいです。

南京町の『中国史人遊行』は一般公募された方の中から
抽選で選ばれた方が扮しております。
興味を持たれた方は来年応募してみてはどうですか?

曹操

 

劉備

 

孫権

 

大喬

 

小喬

 

関羽

 

張飛

 

趙雲

 

貂蝉

 

諸葛亮