三国志大戦プレイ攻略日記最終回

LINEで送る
[`evernote` not found]

飛熊の三国志大戦プレイ攻略日記

5/22(月) 〜 「神風」覇王様とのリベンジマッチ、そして… 〜

三国志大戦2稼働まであと2日の今日、朝は三国志城へ立ち寄って武将カードのファイリング、昼近くにゲーセンへ行って数会プレイして、その後に更に西のゲーセンへ遠征しました。
「神風」覇王様が来店するまで開幕終了や悲哀デッキでプレイしたり、他の方のプレイを観戦したりしました。
夜の8時を回った頃に「神風」覇王様が来店、そして9時頃にリベンジマッチ(店内対戦)をすることになりました。

カードはメイン「飛熊」(一品)、デッキは魏単デッキ(SR[曹操]、R[楽進]、U[典韋]、U[程イク]、C[カイ越])、兵法「再起の法」(マスター)
を使用しました。

「神風」覇王様は
魏蜀混合回復デッキ(R楽進、R許チョ、U程イク、SR馬超、U甘皇后)でした。

初戦
「神風」覇王様の優勢で敗北しました…。(ToT)

私は諦めず、次は呉単デッキ(SR[呉夫人]、R[孫堅]、R[周泰]、R[呉国太]、(旧)R[周瑜])
を使用しました。
(カードと兵法は同じ)

(当日のハイライト)
対戦相手:「神風特攻隊☆」覇王様
魏蜀混合回復デッキ(R楽進、R許チョ、U程イク、SR馬超、U甘皇后)

序盤から互いに槍と騎兵で牽制し続け、士気がある程度溜った頃に甘皇后の「回復の舞い」が発動。
柵の内側に待機させていた[周瑜]の「赤壁の大火」で甘皇后を撤退させました。
楽進が柵の隙間から攻城してきたので、全員で防御に回りましたが、許チョの「挑発」で[呉国太]と[周泰]が引っ張られ、その間に楽進の城壁への攻城を許してしまいました。
槍兵が撤退しましたが弓兵で楽進を撤退させ、相手が柵を壊している間は辛抱強く弓で攻撃し、許チョは撤退させましたが馬超は城へ帰っていきました。
復活するまで待機し、[周泰]以外を攻城へ向かわせました。

[呉夫人]以外で攻城させ、再び出てきた甘皇后を[周瑜]の「赤壁の大火」で撤退させ、その間に[孫堅]が城門に攻城を試み、城ゲージが逆転しました。
しかし、相手部隊によって攻城部隊が全滅したので[呉夫人]を自陣に下げ、攻めてきた相手を[周泰]と[呉夫人]で防御。
ここで、甘皇后が「回復の舞い」を発動させたので、[周泰]で騎兵を[呉夫人]で許チョの攻城を遅らせていましたが、許チョの城壁への攻城を許してしまい、逆転されました。
いち早く復活した[周瑜]の「赤壁の大火」で許チョを撤退させ、ここで、相手の兵法「再起の法」(LV9)が発動!

残りカウントが少なくなったので全員を攻城に行かせようとした時、[孫堅]が伏兵の程イクを踏んでしまいました。
すぐに程イクを撤退させ、いち早く相手の城にたどり着いた[周泰]の「漢の意地」を発動させて攻城。
しかし、相手部隊に全員の攻城を止められ、相手の優勢のまま敗北しました…。(ToT)

今回は、柵の配置がいけませんでした。(>_< )
斜め置きした為に右側に隙間ができて、そこから攻城されました。(^_^;
一時はこちらが優勢でしたが、最後まで気を緩めてはならないという教訓になりました。

こうして、リベンジマッチはあっさり返り討ちされました。

これで、私の三国志大戦のプレイは全て終了しました。

メイン「飛熊」(一品)
サブ1「楊慧英」(三品)
サブ2「三国志城常連」(三品)
サブ3「三顧会十二番」(四品)
サブ4「佑元」(三品)
サブ5「一丈青」(三品)

覇王にはなれませんでしたが、ここまで夢中になったゲームは初めてです。(^o^)

私にとって三国志大戦は、三国志好きの知り合いや友達が増えたきっかけになったゲームです。(^_^)
もし、このゲームに出会わなかったら、ずっと太鼓ゲームばかりしていたと思います。(^_^;

次回からは、三国志大戦2プレイ攻略日記をスタートしますので、宜しくお願いします。m(_ _)m

* [ ]が付く武将は味方武将

[:URL:]三国志大戦入門・用語説明[PC版]
[:URL:]三国志大戦入門・用語説明[携帯電話版]

「三国志大戦プレイ攻略日記最終回」への1件のフィードバック

  1. 三国志大戦お疲れ様でした。
    覇王まであと一歩でしたね。
    三国志大戦2も上位めざしがんばってください。

コメントは停止中です。