鉄斎-用印のすべて-


兵庫県の宝塚市にある清荒神(きよしこうじん)清澄寺内にある
鉄斎美術館で現在開かれている展覧会、『鉄斎-用印のすべて-』では
富岡鉄斎画伯の描いた「伏魔大帝関雲長像」と
その画に押印されている印象を見る事ができます。

この関羽の画は富岡鉄斎が84歳の時に描かれた関羽像で、
押されている印章の中には「漢寿帝侯之印」を模したものもあり、
一緒に展示されています。

展覧会の会期は12月12日(日)までですが、
11月8日~11月10日に展示入替がありますので
11月11日以降に関羽像が展示されるかは
直接美術館までお問い合わせください。
1週間しかありませんが11月7日(日)までは関羽像は展示されています。

【鉄斎-用印のすべて-】
清荒神清澄寺・鉄斎美術館にて開催中。2010年12月12日(日)まで
月曜休館、11月8日~11月10日は展示入替のため休館
Tel:0797-84-9600