三国志大戦プレイ攻略日記 番外編

LINEで送る
[`evernote` not found]

飛熊の三国志大戦プレイ攻略日記
2/19(日) 〜 広島遠征とVer.1.12の検証 〜

今日は、三国志大戦全国大会(『覇業への道〜雄飛の刻〜』)のエリア決勝
観戦の為に広島へ遠征し、大会会場の広島ギーゴで全国対戦などをしていました。
すると、鳥取県でNo.1の君主「ばから」覇王様が来店して全国対戦を始めました。
対戦相手は…何と全国1位の大都督「栄斗」様でした。
Σ(゜д゜;)ウッソー!?
その対戦は「ばから」覇王様が勝利し、ギャラリーは大盛り上がりでした。
私も大会前から夢のような対戦を生で観戦できて嬉しかったです。(^o^)

エリア決勝大会は2人欠場の14人でのトーナメント戦でしたが、大半は一品又は覇王様でしたので、かなり高レベルの大会でした。
その結果、優勝は「兇虚」漢中王様、準優勝は「葵」様(二品)、三位は「ぽてと」覇王様になり、この方達が全国大会中国エリア代表に決まりました。
…仮に私がエリア決勝に出られたとしても、一回戦で敗退ですね。(^_^;

土曜日からVer.1.12をプレイしていますが、システム・兵種・兵法について変更された箇所を紹介します。

・全兵種の自城からの出撃速度が統一化
 前バージョンの弓兵と槍兵の中間の早さです。(確認済)
・自城に帰る時間が短縮
 移動速度が遅い槍兵や攻城兵が自城に帰りやすくなりました。(確認済)
・自城に帰る動きがミニマップで表示
 自城へ部隊を戻した時、その動きが分かります。(確認済)
・反計可能時間が短縮
 計略を発動する武将がセリフを言う間でも可能だった反計(ディレイ反計)が
 不可能に。(確認済)
・撤退中の部隊の復活方法を調整
 今までは撤退中の部隊を自城に入れた後で自陣に出したらカウントが
 止まりましたが、1.12ではカウントが1まで減り続けます。(確認済)
 その後、カードを自城へ戻したら復活します。
・弓兵の攻城ダメージが減少
 騎兵と槍兵の中間です。(確認済)
・無敵槍による槍ワイパーの威力が減少
 迎撃の威力は変わりません。(確認済)
・接触のダメージが減少
 弓兵が騎兵に追い掛けられても、撤退させられる前に帰城できる可能性が。
 (確認済)
・兵法「連環の法」の効果時間が短縮
 三大兵法の一つである「連環の法」の効果時間が4秒短縮。(確認済)
・兵法「車輪の大攻勢」の武力上昇が低下
 武力上昇値が+2から+1に減少。(確認済)
・車輪の効果範囲が拡大
 効果範囲が4〜5割くらい拡大。
 「車輪」に属する計略及び兵法に該当します。(確認済)
・車輪は乱戦中でも迎撃可能
 壁役の敵武将に止められても、攻城中でも有効です。(未確認)

次に、現時点で私が使用しているメインデッキを紹介。
魏単デッキから呉他混合の開幕終了デッキ
(R[太史慈]、C[丁奉]、(他)U[周倉]、C[張任]、C[ケイ道栄]、C[張宝])
に変えました。
と言っても、落城させて勝利するのは少ないですが。(^_^;
このデッキのエースは[丁奉]です。
[丁奉]の「麻痺矢戦法」は攻城の補助や防御の時、非常に重宝します。
また、[張宝]の「落雷」は武力の高い武将を撤退させる為の切札になります。
[太史慈]の「天衣無縫」はあまり使いません。(^_^;

ちなみに、兵法は「再起の法」をメインにしています。
これでサブ4「佑元」が四品に昇格しましたので、暫くはこのデッキで全国対戦を続けようと思います。(^o^)

次回は、全国対戦のプレイ攻略日記を再開します。

[:URL:]三国志大戦入門・用語説明[PC版]
[:URL:]三国志大戦入門・用語説明[携帯電話版]