三国志大戦 プレイ攻略日記3

LINEで送る
[`evernote` not found]

飛熊の三国志大戦プレイ攻略日記
11/12(土)
今日は1週間振りの三国志大戦だったので
朝一番にいつものゲーセンへいきました。
今回の三国志大戦攻略は、名付けて「全国対戦十番勝負」です。

最初はサブ1「楊慧英」(六品)で
悲哀デッキ(SR[シン皇后]、R[楽進]、U[程イク]、C[陳羣]、C[曹植]、(他)U[周倉]、C[劉表]、C[張梁])+兵法「再起の法」を使用。

【第一戦】
相手は
呉単デッキ(SR周瑜、SR呉夫人、R孫堅、C孫静、Cカン沢)
結果は、こちらが落城させて勝利

【第二戦】
また相手は
呉単デッキ(SR呉夫人、R孫策、R周泰、(旧)R周瑜、R小喬)
結果は、こちらの優勢で勝利

【第三戦】(当日のハイライト)
相手は
袁単デッキ(R袁紹、R文醜、R田豊、U劉備、U張コウ)

序盤は[周倉]の柵越しの槍と、劉備と張コウは弓兵と伏兵を使って袁紹を撤退させ、文醜を追い払ってから悲哀の舞いを発動。

攻城へ向かう途中、相手の伏兵の田豊を[周倉]が踏んで撤退してしまい、弓兵の集中攻撃で田豊を撤退させてから攻城を再開。
弓兵を攻城のバックアップに回し、最初は順調に攻城できましたが、復活した相手に攻城部隊が撤退させられ、やむなく防御に回ることにしました。
田豊の全体強化「隙無き攻勢」を[陳羣]の「雲散の計」である程度消去させました。

[甄皇后]を守るため、柵を挟んで大混戦している途中、劉備と文醜が攻城してきたので、[周倉]と[程イク]で守らせることにしました。
途中、劉備の一瞬にして自城へ戻る計略「迅速なる転進」を[程イク]の「反計」で3度封じて2人を撤退させました。

[甄皇后]の方は、柵を全て破壊されたものの何とか守り切り、結局、こちらの優勢のまま勝利しました。

使用禁止になっていた田豊が解禁され、かなり強くなっている袁紹軍でしたが、[陳羣]と[程イク]が大活躍でした。
この2人は、今の悲哀デッキには欠かせない存在だと改めて感じた対戦でした。

【第四戦】
サブ1が五品に帰り咲き、次はサブ2「三国志城常連」(六品)で先程と同じデッキ&兵法でプレイ。

相手は
袁単デッキ(R袁紹、R顔良、R田豊、U劉備、U張コウ)
一騎討ちで[甄皇后]が「勇猛」持ちの顔良に勝利したものの、結果は相手の優勢で敗北。

【第五戦】
続いてメイン「飛熊」(三品)で同じ悲哀デッキ+兵法「衝軍の法」でプレイ。

相手は
魏単デッキ(R許チョ、R郭嘉、R荀イク、U典イ、C陳羣)
私の苦手デッキだったので、結果は相手の優勢で敗北。

【第六戦】
またサブ2で全国対戦。
相手は
呉涼混合デッキ(R周泰、U小喬、C虞翻、SR蔡文姫、R王異、C蔡ヨウ)
結果はこちらの優勢で勝利

【第七戦】
相手は
魏単デッキ(SRホウ徳、R典イ、R荀イク、U荀攸、C曹昴)
結果は相手の優勢で敗北。

【第八戦】
相手は
呉単デッキ(SR孫堅、SR呉夫人、R孫策、U呂蒙、C呂範)
結果は相手の優勢でまた敗北。
悲哀デッキでは勝てなくなってきていたので、(覇王様の)魏単デッキ(SR張遼、R郭嘉、R楽進、R荀イク、U典イ)+「再起の法」を試してみることにしました。

【第九戦】
相手は
蜀単デッキ((旧)SR劉備、SR馬超、SRホウ統、R黄忠)
結果はこちらの優勢で勝利

【第十戦】
相手は
蜀袁混合デッキ(SR孫尚香、(旧)R趙雲、Rホウ統、U張飛、R田豊)
結果は相手の優勢で敗北。

今回の対戦成績は5勝5敗でした。

…もう少し精進するべきなのかもしれません。
メインIC「飛熊」は全国対戦で敗北はしましたが、全国ランキングで10000位以内に、県別では44位になり、何とか頑張っています。

[:URL:]三国志大戦入門・用語説明[PC版]
[:URL:]三国志大戦入門・用語説明[携帯電話版]